製品案内

大分鉄網の製品

主要製品であるコンクリート2次製品用溶接鉄筋や建築用基礎鉄筋の他、鉄筋加工製品として「生ゴミ用ダストボックス」等、種々開発し製造しています。これからも鉄網製造のノウハウを活かし、お客様の注文に応じた新たな製品づくりに取り組んでいきます。

溶接鉄網

補強材として大きな荷重に耐え、亀裂の発生を防ぎます。またワイヤーメッシュを使用することにより、コンクリートの強度が一層高まり、壁や床などの厚さが節減できます。

異形鉄筋鉄網

異形鉄筋ですから、丸線に比べてコンクリートの付着性が抜群に優れています。大きさは横2,500mm×縦6,000mmまで可能です。

コンクリート2次製品用金網

ボックスカルバート

コンクリート2次製品用各種製品を組み立ててお届けします。

コンクリート2次製品用金網

L型擁壁

道路用、下水道用および宅地造成など、あらゆる分野に幅広くコンクリート製品として使用されています。

鉄筋加工製品

ゴミステーション ライフボックス

ライフボックスは安くて強くてさびにくいメッキ仕様。設置が簡単、ゴミ置き場の集積情報も一目瞭然。動物や鳥などのいたずら等などを防止します。出し入れしやすい観音開き仕様。

会社概要

ごあいさつ

1971年、大分県三重町に会社を設立して以来、溶接金網・建築用基礎鉄筋・鉄筋加工を中心に事業を展開してまいりました。お客様のご要望に即した安心・安全・高品質の製品をお届けできるよう、これまで蓄積した技術とチャレンジ精神で時代のニーズに応えてまいります。


会社情報

会社商号株式会社大分鉄網
代表取締役森 英樹
事業内容溶接金網、建築用基礎鉄筋、コンクリート2次製品用金網、鉄筋加工製品の製造販売
設立昭和46年3月
資本金3,000万円
所在地(本社)〒879-1313
大分県杵築市山香町大字久木野尾2002番地15
所在地(工場)〒879-7105
大分県豊後大野市三重町芦刈1030-17

会社沿革

昭和46年3月会社設立 資本金500万円
昭和51年10月1号自動溶接機設置
昭和53年9月2号自動溶接機設置
昭和58年12月工場増築 3号自動溶接機設置
昭和60年5月日本工業規格表示許可工場となる
昭和63年8月4号自動溶接機設置
昭和63年11月資本金3,000万編に増資
平成3年1月5号機―太物金網溶接機設置
平成5年12月6号機―簡易金網溶接機設置
平成7年4月高速金網自動溶接機設置
平成8年9月5号機―太物金網溶接機設置
平成11年4月自動スポット溶接装置

工場事務所

  • 〒879-7105 大分県豊後大野市三重町芦刈1030-17
  • TEL 0974-22-1031
  • FAX 0974-22-2226
  • JR三重町駅より/車10分